講師ブログ

 

ママズリビング ブログ!

ママズリビング ブログ!
フォーム
 
夏休み☀
2020-08-24

今年はいつもと違う夏休み

 

ママズリビング講師の緑です。

 

小学生・中学生は、瞬く間に夏休みが終わり、

2学期になりました。

高校生は、8月いっぱいが夏休みです。

 

 

夏休み期間は、例年より縮まったものの

予想されていたことなので

子供たちは、すんなり受け入れていました。

 

 

夏休みが終わりかける頃に…

夏休みの宿題をあわててやる子供が

何人もいることもいつもの光景です。

 

「締め切り効果」という言葉があるように

タイムリミットがあるから頑張れるのでしょう。

子供に限らず、大人でも。

 

それにしても、思うのです。

 

子供の頃は、誰でも知的好奇心が旺盛で、

楽しみやワクワクがたくさん

 

目に触れるもの何もかも新鮮で

「なぜ?」「どうして?」「へーっ、そうなっているんだ!」

そんな思いで日々を過ごしていたでしょう。

 

学びの原点は、いつの日も、そこにあると私は思っています。

 

 

「テストのために勉強しなくてはならない」

「宿題・課題をいつまでに提出しなくてはならない」

 

そう思うと、期限間近に

渋々、イヤイヤ手をつけることになります。

 

しかし「面白い!」

「あれっ、気づいたら、こんなに時間が経っていた!」

となれば、先延ばせず、自ら行動します。

 

 

知的好奇心を持って勉強できたら

【学び】が【歓び】に変わっていきます。

 

今、勉強は嫌だ!つまらない!と

拒否反応が起きるのは…

 

単に、基礎がわかっていないから

面白い世界に足を踏み入れられないだけかもしれません。

 

または、自分の知的好奇心を刺激するポイントを

探り当てられていないだけかもしれません。

 

やっつけ仕事のように、

イヤイヤ勉強している生徒を眺めると…

 

「よし! 知的好奇心をどんどんと刺激して、

【学び】を【歓び+楽しみ】に変えていきますよ~

 
期末テストを終えて
2020-07-22

期末テストが終わりました。

 

今月は、期末テスト月間で、

2週も第3週も第4週も、どこかの学校で

期末テスト実施期間でした。

 

ママズリビング講師の緑です。

 

私は、定期テスト前の集中している雰囲気が好きです。

 

だから、定期テストが終わった後の、

気が緩んだ状態を目にすると…残念に思ってしまいます。

 

でも、自分が学生のときは、どうだったのかと言えば、

 思いっきり解放感に浸っていました。

 

それこそ「しばらく勉強しないぞ!」くらいの勢いで……。

 

その根底にある気持ちは…

 

「勉強はつまらないもの。

テストの前に、イヤイヤ勉強を長時間したから、しばらく勉強から離れていたい」

というものでした。

 

そして、学校を卒業して何十年も経った今、

 

「学ぶことは、喜びなんだ。

学べば学ぶほど、世界をいろいろな角度から

眺めることができるんだ」

 

と、ワクワクする気づきがありました!

 

 だから…

「テストが終わった、バンザーイ!」と喜ぶ生徒に、

 

つての自分を重ねつつも

 

「さあ、この先も、まだまだ、喜びが、

たくさん続いているからね」

 

と、晴れやかに伝え続けることが私の歓びです

 

 
入試範囲縮小⁉ 教科書改訂~移行措置⁉ 本当に大切なこと☆
2020-06-17

学校も、徐々に通常授業へと戻りつつありますね。

 

臨時休校期間があったため、

公立高校の入試範囲は、ただ今、検討中の様子。

 

また、それとは別に、教科書の大改訂があります。

学ぶ内容が大きく変わるだけではなく、いくつもの単元が、

何年生で学ぶかも変わってきます。

 

入試範囲はどうなるのか?

教科書大改訂に伴い、どう対応していけばいいのか?

 

情報をチェックする必要があります。

 

ただ、一番チェックする必要があるのは、

本来の勉強の意味を見失っていないか?

ということでしょう。

 

「どの範囲を勉強すればいいのだろう?」

 

そちらばかりに意識を向けてしまうと、

 

「じゃあ、テストに出ないところは、すべてカット!」

 になってしまいます。

 

本来、「勉強はいろいろな知識を得て、人生を切り拓いていくツールにするもの

 

いろいろなことを知れば、見方も広がり、世界も広がります。

 

情報はチェックしながらも、

 

まわりに振り回されずに、学ぶ歓びを大切にしていこう!」

 

様々な状況にあっても、ひとりひとりが自分らしく学び進むことを大切にする!

 

まわりはどうあれ…やさしい問題につまづいても…

学び続けることで、自分の使えるツールが広がります!

 

 
どうして⁈ どうすれば⁈ という問いかけをいつも!
2020-05-23

 

 新学年からの臨時休校が長期間続いています。

6月1日からの段階的再開が決定したようですが、

いかがお過ごしですか?

 

講師の緑です。

 

こんな時だからこそ、勉強では、ある「単元」をじっくりと学ぶのも

一つのやり方だと思います。

 

「学んだことが身につくには、どうすればいいのだろう?」

 

これは、私が、折にふれ考えていることです。

 

 

「ある程度の量をやる」

 

「忘れたころにくり返す」

 

「日常のものと結びつける」

 

「その子の興味に関連づける」

 

などを、授業では組み合わせています。

 

ただ、深く身につけようと思ったら、

それだけではなく、

 

学んでいることに対して

「どうして?」という視点を持つことが

とても大切だと思っています。

 

 

私が学生の頃と、今を比較すると、

思考力を問う記述問題が、かなり増えてきました。

 

入試問題を見ると、その変化をとても感じます。

 

一問一答ができるだけでは

太刀打ちできない問題が出てきています。

 

これは、いい傾向だと思っています。

 

「自分で考えるenlightened

 

今のように、状況が大きく変化する時代には

とても大切な力です。

 

 

「どうして、そうなるのだろう?」

「どうすれば、いいのだろうか?」

 

学んだことを、あと1歩進めてさらに考えてみる。

 

そうすると、他とのつながりも見えてきます。

 

間違えることなど恐れることはありません!

 

 

「どうして」「どうすれば」という問いは、人生を切り拓くツールにもなりますよ

 

 
教材選びのコツ☆
2020-04-20

新学期が始まったものの

臨時休校が続いていますね。

 

この時期だからこそ、家で学習できるように

問題集などの学習教材を買うご家庭も多いでしょう。

 

その時、どんな規準で選んでいますか。

 

くわしく書いてあるもの?

 

難易度の高そうなもの?

 

分かりやすそうなもの?

 

 

私が教材を選ぶ時は

子どもたちの顔を思い浮かべます。

 

あの子は、この教材なら

喜んで取り組めるかな?

 

あの子は、どの教材なら

集中して取り組めるかな?

 

子どもそれぞれに個性があるように

教材それぞれにも個性があります。

 

「この教材が1番良い!」という言い方は

一概には出来ません。

その子その子の個性があるように、

教材にも様々個性があります。

 

教材を使った、おススメの学習法は…

一つの単元を学ぶときに

少しずつ難易度を上げながら

いろいろな角度から繰り返して学ぶと

身につきやすくなります。

 

いきなり難しい問題に取り組んでも

悲鳴を上げるだけになってしまうので

簡単なものから取り組むのがおすすめです。

 

今は、本屋さんでも、

基本的なところだけを集めて

載せているテキストが多数あります。

 

勉強の進み具合や

身につく度合いは

どの教材を選ぶのかで変わります。

 

是非、お子さまが

楽しく勉強に取り組んでいる姿を

イメージしながら教材を選んでください

<<一般社団法人 ブライトヒューマン協会>> 〒277-0051 千葉県柏市加賀3丁目35番1号 TEL:04-7151-1780 FAX:04-7151-1780